2014年8月1日(水)

FAF workshop 2014— 『自分でつくろう!飛出す立体カード』— 

東京工業大学名誉教授茶谷正洋氏創始の“折り紙建築”が、木原隆明氏の論文を読んで空間認識教育に活用出来ると理解してから、折り紙建築の趣味が仕事に変わりました。大学設計導入教育への応用、ハサミチョキチョキ折り紙建築、10歳から判る図面を使った折り紙建築オリジナル住宅折り紙建築制作、さらに、地元中学校の正規授業にも現在取り組んでいます。

一枚の紙だけで、飛びだすカードが出来上がり、参加者皆、ルールに従ったオリジナル作品が作れるワークショップは、魅力的です。持ち帰りは折り畳んでかさ張りません。

FAFペーパークラフトワークショップは、昨年に引続き、楽しみながらオリジナル作品を作っていくプログラムと、新たに「動物の顔を作ろう!」も設けました。どうぞみなさん、折り紙建築の魅力に嵌ってください。

講演者のご紹介

有座まさよ Masayo Ariza

有座企画一級建築士事務所代表
九州産業大学非常勤講師
一級建築士・木原流折り紙建築士

​経歴

1956年 福岡県生まれ。
1980年 九州大学工学部建築学科卒業後、増沢洵建築設計事務所を経て、1985年有座企画設立。
1992年~ 九州産業大学・福岡女子大学・九州女子大学等で建築設計を指導する。
2011年 折り紙建築作家 木原隆明氏に師事し、折り紙建築の創作とワークショップを福岡で始める。
2011年 福岡女子大学の授業実績を「建築設計導入教育としての折り紙建築の適用について」共著として日本図学会秋季大会で発表。

​開催概要

  • 8月1日(金) 10:00 〜 12:00
    「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」(ハサミを使用)

  • 8月26日(火) 10:00 〜 12:00
    「飛び出す動物の顔をつくろう」(ハサミとカッターを使用)

  • 対象: 小学生とその保護者 (4年生以上は保護者同伴じゃなくても可)

  • 場所: 警固公民館 (福岡市中央区警固1-11-2) 3階 講堂

  • 参加料: 1人500円 (材料費)

  • 定員: 各日20組

  • 共催: 警固公民館

  • 今回のお申し込み先は警固公民館になりますのでお間違えのないようお願いいたします。参加される方の氏名、住所、電話番号、参加される人数と、8月1日と26日のどちらに参加をご希望か、警固公民館 (TEL 092-731-4655 / FAX 092-731-4489) までご連絡ください。

  • 8月1日と26日のどちらか片方のみの参加も、両方の参加も可能です。

  • よく切れるハサミを1人1本お持ち下さい。(カッターはこちらで準備します。)

NPO法人福岡建築ファウンデーション事務局
〒810-0041 福岡市中央区大名2-11-19 第一赤坂門ビル2F
電話 092-732-3191 / FAX 092-711-9551

メール  info@fafnpo.jp

Copyright Fukuoka Architecture Foundation , All Rights Reserved