2018年8月25日(土)

MAT 2018 Aug. - 福岡市赤煉瓦文化館 –

FAF ではこれまで、前身の MATfukuoka 時代から福岡 市内の建築を中心に紹介してきました。 今回の MAT2018August では、スポットツアー復活第一 弾ということで、福岡市赤煉瓦文化会館を見学しました。 設計は、東京駅を手掛けた辰野金吾、日本生命保険の取 締役を務めた片岡安が行っており、外観は、赤煉瓦と白 い花崗岩、尖塔やドームといった、辰野式と呼ばれる建 築様式を用いています。特に興味深かったのが、レンガ の積み方です。解説の中でも話されていましたが、辰野 はドイツ積み(小口積み)を好んで用いていますが、所々 イギリス積みを用いています。なぜ積み方を変えたのか、 その意図は設計者しかわかりません。憶測になりますが、 辰野は、建築の中にも遊び心を忘れていません。例えば、 辰野が設計した日本銀行を上から見ると円という文字に 見えるなど、建築を楽しんでいるように思えました。ク イーン・アン様式やバロック様式、アール・ヌーボーな ど様々な様式の良い部分を取り混ぜています。一つの様 式にこだわらずその空間にあった物を用いています。建 物全体を見学し、新たな発見や素晴らしい建築であるこ とを再確認できる見所満載なツアーとなりました。  福岡の歴史的建築物や近代建築物をツアーとして見学 することで、建築物の価値やそれぞれの建築にかかわっ た人々の思いを知ってもらい、少しでも建築に興味を持っ てもらうきっかけとなってもらえたならば幸いです。 文:山田樹一(学生会員)

見学先:福岡市赤煉瓦文化館(旧日本生命保険九州支店)

設計者:辰野片岡設計事務所

施工者:清水組(現:清水建設)

開催日:2018 年 8 月 25 日(土)

時間 :10:30 ~ 11:45

参加者:14 名

参加費:FAF 会員 500 円     

    メール会員・一般 1,000 円

​開催概要

  • 日時: 2018825日(土)10:30 ~ 11:45

  • 定員: 15名 (先着順)

  • 参加費: FAF サポート会員 500円、メール会員・一般 1,000円 (保険代込)​                             ※ 参加費は事前振込でお願い致します。振込先は申込み完了後、事務局よりメールでお伝え致します。

  • 申し込み期間: 824日(金)17:00 まで
    ※ 定員になり次第申込終了とさせて頂きます。

​参加にあたっての注意

  • 今年は大変な猛暑となっております。外回りの見学もございますので、帽子の着用、水分補給などの熱中症対策をお願い致します。

  • 雨天開催・荒天中止
    ※ 台風など悪天候の場合は安全を考慮し、やむなく開催を中止する場合もございますので、あらかじめご了承ください。

  • 当日の都合により、開催内容に変更が発生する場合がございます。

フライヤーのダウンロードはこちらをクリック→

​主催・お問い合わせ

NPO法人福岡建築ファウンデーション事務局
電話 092-732-3191 / ファックス 092-711-9551 / Eメール info@fafnpo.jp

​お申込み

※定員に達しましたので、募集を締め切りさせて頂きました

​キャンセル待ちをご希望される方は事務局(info@fafnpo.jp)までメールをお願いいたします。

NPO法人福岡建築ファウンデーション事務局
〒810-0041 福岡市中央区大名2-11-19 第一赤坂門ビル2F
電話 092-732-3191 / FAX 092-711-9551

メール  info@fafnpo.jp

Copyright Fukuoka Architecture Foundation , All Rights Reserved