2022年3月5日(土曜日)

FAF salon 018  ONLINE
「若き磯崎新と福岡 ー 西日本シティ銀行本店・秀巧社ビル ー」

サロン018_トリミング.jpg

博多駅前のシンボルとして長年親しまれてきた西日本シティ銀行本店が昨年解体されました。設計者は日本を代表する世界的建築家 磯崎新氏。設計に着手した当初はまだ30代という若さでした。オレンジ色の砂岩でできた外壁、シンボリックな巨大な円柱と梁、内外に散りばめられたアート作品など特徴的なデザインも今となってはもはや見ることができません。


今回のFAFサロンではゲストに建築史家の倉方俊輔氏をお招きし、解体前にFAFが記録した映像・画像を振り返りながら、磯崎新氏が西日本シティ銀行を通じて福岡のまちにもたらしたもの、日本の建築界に与えた影響など、建築史家の視点からお話していただきます。また、同じく磯崎新氏が福岡市内に設計した秀巧社ビルや西日本シティ銀行支店についての話も予定しております。

講演者のご紹介

​講師
倉方 俊輔  Shunsuke Kurakata​

​建築史家 / 大阪市立大学 教授
経歴

1971年東京都生まれ。
早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学大学院修了後、博士(工学)。
研究や執筆の他、日本最大級の建築公開イベント「イケフェス大阪」の実行委員会委員を務めるなど、建築の魅力的な価値を社会に発信する活動を展開している。

日本建築学会賞(業績)、日本建築学会教育賞など受賞。
 

著書に『京都 近現代建築ものがたり』(平凡社新書)、『はじめての建築 01 大阪市中央公会堂』(イケフェス大阪実行委員会)、『東京モダン建築さんぽ』(エクスナレッジ)、『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)、編著に『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』(彰国社)、『伊東忠太建築資料集』(ゆまに書房)、共著に『別冊太陽 日本の住宅一〇〇年』(平凡社)、『みんなの建築コンペ論』(NTT出版)ほか。

倉方さん.jpg

​開催概要

  • 202235日(土) 14:00~15:30(13:50より参加いただけます)

  • 会場: オンラインにて開催(Zoom を使用)

  • 定員: 500名 (事前申込先着順)

  • 参加料: 一般・FAFメール会員 1,000円、FAFサポート会員 無料
    ※ 参加料は事前にお支払いいただきます。

  • 主催: NPO法人福岡建築ファウンデーション

  • 参加申し込み:以下のフォームよりお申込みください。

  • 注意事項:オンライン配信イベントにご参加いただくにあたり、こちらに記載の注意事項を必ずお読みください。
    ご理解とご了承の上、お申し込みをお願いいたします。
                                         

​お申込み

※お申込み期限:2022年2月28日(月)まで
※受付は終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。

​Zoomについて

Zoomとは、パソコンやスマートフォンを使用してセミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリケーションです。
基本的には、お使いの端末にスピーカー(音が鳴る)機能が備わっていればイベントへご参加いただけます。Webカメラやマイク機能があれば、質疑応答の際に質問していただく事も可能です。​ZOOMのご利用が初めての方はこちらをご覧下さい。

​見逃し視聴もあります!

オンラインイベント実施後は一定期間、録画動画をご覧いただけます。イベント終了後、動画の編集が終わりましたら、サロンへご参加いただいた皆様へお知らせ致します。イベント当日ご都合が悪くて参加できなかった方や、もう一度じっくりと見たい方など、期間内は無料で何度でもご視聴いただけます。
※見逃し配信につきましては、サロンへお申し込みいただいた方へのみご案内致します。