2019年5月10日(金曜日)

FAF salon 014 — ブラジルの暮らしと建築 —

日本にとって地理的に最も遠い国でありながら、世界最大の日系人居住地でもあるブラジル。今回のFAFサロンでは、ブラジルに関する断片的な情報や偏ったイメージが溢れる中、雑誌で見た力強く大らかなブラジル建築とそれに負けない植物の生命力と人々の暮らしに魅了され、単身ブラジルに移住した建築家 大庭早子氏をお招きします。ブラジルの風土、ブラジル人が共有する価値観、ブラジル人が愛する建築など、ブラジル・サンパウロで暮らし、現地設計事務所で建築のプロジェクトに携わることで実際に肌で感じたブラジルの魅力についてお話を伺うとともに、九州・福岡との意外な共通点についてもお話ししていただきます。

講演者のご紹介

大庭 早子  Hayako  Oba

​建築家・大庭早子建築設計事務所
経歴
1983年 佐賀県生まれ。2006年 日本女子大学家政学部住居学科卒業。2008年 横浜国立大学大学院/建築都市スクール ”Y-GSA" 終了後、長谷川豪建築設計事務所勤務。2012年 ブラジル・サンパウロに移住し、現地設計事務所勤務(Nutche Arquitetura、Brasil Arquutetura)。2015年 帰国し、大庭早子建築設計事務所設立。

​開催概要

  • 2019510日(金) 19:00~21:00(開場 18:30)

  • 会場: 大央ホール(福岡市中央区大名2-6-1 福岡国際ビルB1F)

  • 定員: 30名 (事前申込先着順)

  • 参加料: 一般・メール会員 1,000円、FAF 活動会員・サポート会員・学生会員 500円​                         ※ 参加料は会場にてお支払いいただきます。

  • 主催: NPO法人福岡建築ファウンデーション

  • 参加申し込み:以下のフォームよりお申込みください。

  • 注意事項:当日はFAF広報資料として写真撮影とビデオ撮影を行います。                               ご理解とご同意の上、お申し込みをお願いいたします。                                     

​お申込み

FAFサロン014「ブラジルの暮らしと建築」は定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。
キャンセル待ちをご希望の方は、下記の情報をご記入の上、FAF事務局(info@fafnpo.jp)までご連絡下さい。
・氏名
・会員種別(一般・メール会員・サポート会員)
・電話番号
※お申込み後に事務局より、参加受付完了のご連絡を致します。1週間経っても返信がない場合は、申込みが出来ていない可能性がございます。
 お手数ですが、事務局までお電話下さい。(092-732-3191)
※迷惑メール対策のためドメイン指定をされている方は、「@fafnpo.jp」の許可設定をお願い致します。

NPO法人福岡建築ファウンデーション事務局
〒810-0041 福岡市中央区大名2-11-19 第一赤坂門ビル2F
電話 092-732-3191 / FAX 092-711-9551

メール  info@fafnpo.jp

Copyright Fukuoka Architecture Foundation , All Rights Reserved