MAT  salon 第4回MATサロン「カタチのひみつ」講師:板野純氏+川上隆之氏(建築家)

板野純氏
1974 大阪生まれ
1999 株式会社 SPINGLASS Architects
(旧Matsuoka Wang Architects)
2005 麻生建築&デザイン専門学校非常勤講師
2006 EXPOSITION architecture & design office 設立
2008 デザインユニット Nagahama Design Studio 設立

川上隆之氏
1977 福岡生まれ
2002 株式会社 SPINGLASS Architects
2003 矢作昌生建築設計事務所
2004 MTA/ 株式会社高橋真建築設計事務所
2008 ワタリ / design*watari 設立
2008 デザインユニット Nagahama Design Studio 設立

講演の様子

8月9日のMATサロン第4回では、「カタチのひみつ」と題して、福岡を中心に活動をしている若手建築家「ナガハマデザインスタジオ」の板野純氏+川上隆之氏が登場しました。

今回は、これまでのMATサロンとはまったく違って、サロン参加者の全員参加によるワークショップ形式で、参加者が厚紙を使って自由なカタチを作るところから始まり、「カタチのひみつ」に迫っていただきました。
後半では、両氏の住宅の実作やコンペ作品を通して、かっこいいデザインよりも、カタチのもつ力やカタチのもつ意味合いについて、モデレーターである松岡恭子氏の違った見方からの指摘もありながら、色々な角度から語っていただきました。

参加者から「相手とのカタチのイメージ共有の仕方とは?」などの質問が出されるなど、若手建築家ユニットならではの新鮮で楽しいサロンとなりました。

NPO法人福岡建築ファウンデーション事務局
〒810-0041 福岡市中央区大名2-11-19 第一赤坂門ビル2F
電話 092-732-3191 / FAX 092-711-9551

メール  info@fafnpo.jp

Copyright Fukuoka Architecture Foundation , All Rights Reserved