アイランドシティ中央公園

人工島に作られた中央公園の中心的施設は、巨大なリボンのように縦横にうねるコンクリートがつくる、緑と建築の共生空間「ぐりんぐりん」。点在する休憩施設も見どころ。

中核施設「ぐりんぐりん」

アイランドシティは、豊かな自然との共生を目指してつくられた約400haの人工島です。人工の土地の上にさらに人工の丘をつくる「ぐりんぐりん」は、まるで大地が隆起したかのようなダイナミックさをもった建築です。水と緑の体験学習施設のぐりんぐりんは、著名な建築家・伊藤豊雄氏が設計した建物です。2005年の5月から9月まで開催された「はなどんたく」のテーマ館としても使用されました。豊かな緑が屋根まで緩やかに連続して繋がり、竣工から年月を経た現在では緑はさらに成長し、まさに自然の丘のようです。この建築の外観はとても印象的な「らせん状のうねり」で表現されていて、一つの曲面が2回ねじれることによって3つの空間を作り出しています。柔らかな曲面で包まれた空間は、建築の中にいるときはまるで洞窟の中のようですが、移動するにつれて徐々に変化し、丘の上の開かれた空間へと移行してゆきます。

光と緑の共演

この建築の主な用途は植物園です。緑に覆われた外部に加えて、内部にも緑が生い茂っています。木が植えられている隙間に小川が流れていて、その先のちいさな池には、金魚が泳いでいます。内部は、姉妹都市であるマレーシアのイボー市から贈られてきた亜熱帯植物でいっぱいです。また、年間650鉢の蘭が育てられており、沖縄の蝶である「オオゴマダラ」も飼育されています。そして天井に大きく採られたガラス曲面から光がやさしく降り注ぎます。それはさながら熱帯のような気持ちのいい場所です。

丘の上の遊歩道

光と風のためのいくつもの開口

この建築の屋上には周りに緑が十分に生い茂った遊歩道があり、屋上庭園を散策することができます。内部からゆるやかに連続するスロープ(斜路)が屋上の遊歩道につながっており、車いすの方でも容易にアクセスできるように配慮されています。床は木製で、床板の隙間から植物の枝がにょきっと顔を出しているところもあり、まるで建築と植物が融合しているようです。また、歩きながら公園の池の眺めを楽しむことができます。屋上の緑と相まって、建築の上であることを忘れてしまうような錯覚を覚えます

職人の技術

この美しい建築である「ぐりんぐりん」の完成の裏には、職人や施工業者の多大な苦労がありました。とても複雑なコンクリートの曲面を実現するために、コンピュータを用いて曲面を何本もの曲線に分解して分析しています。それをもとにしたコンクリート打設時の図面や型枠は、通常の工事とは比較にならない数を要しました。コンクリート打設後の施工精度をチェックする検査は何千カ所にも及ぶ点の位置を測量し、安全性を確認しています。職人技と呼ぶにふさわしい技術でこの建築はできています。

環境への配慮

型枠の建込風景

屋上を緑化することは、丘のように見えるという視覚的な効果はもちろんのこと、環境的な側面においても、室内温度を下げるという重要な役割を担っています。またこの建築では、博多湾から吹いてくる卓越風を室内に取り込み、天井に開けられたいくつもの窓から排気するという自然換気システムも備えています。植物園ならではの、環境に十分に配慮した工夫もあり、雨水をろ過して、植物に散布するための水として用いています。「ぐりんぐりん」は環境にも積極的に配慮したエコロジカルな建築です。

光を織りなす「織物のフォリー」

公園内には、不思議なかたちをしたいくつかのフォリーがあります。フォリーとは、西洋の庭園などに設けられた装飾用の構築物で、「東屋」に似たものです。このフォリーは、建築家である伊東豊雄氏や松岡恭子氏、ラチャポン氏等と学生が共同し、ワークショップを通してデザインしました。線材としてのアルミ一本一本を織物の糸と見立て、アルミの部材を編むように構成し、それを3層に重ねることで強度を確保し、重なり合う光と影を作りだしています。夜はLEDの光で美しく光り、昼とは違った表情で公園を彩ります。

織物のフォリー

不思議な地形「地層のフォリー」

この「地層のフォリー」は、ワークショップで選ばれた5人の学生が設計し、建築家である矢作昌生氏が監修しました。地面を円形に切り取り、宙に浮かせたような塊の中に様々な空間を配置し、新しい地形をデザインしています。コンクリートでできた構造体の表面は、土塗りで仕上げてあり、そのざらっとした質感は親しみやすさを感じさせます。内部には潜るように腰をかがめないと入れない場所もあったりと、普段では体験できないような空間があって、設計者の遊び心が感じられるフォリーです。

地層のフォリー

分類:公共空間

竣工:2005年

設計者:伊東豊雄 / 伊東豊雄建築設計事務所 ほか

所在地:福岡市東区香椎照葉4丁目

NPO法人福岡建築ファウンデーション事務局
〒810-0041 福岡市中央区大名2-11-19 第一赤坂門ビル2F
電話 092-732-3191 / FAX 092-711-9551

メール  info@fafnpo.jp

Copyright Fukuoka Architecture Foundation , All Rights Reserved