くの字型のカウンターと聞けば、普通は鋭角側がキッチンですが、このお店は逆。デザインしたのはオーナーシェフのお姉さんである建築家、米谷早苗さんです。小さくて変形な空間に、8席しかない逆使いの「くの字カウンター」を配し、その向こうに、弟さんの身長も計算したギリギリの無駄のないキッチンが横たわります。シェフの動きは見せながら、乱れがちな作業台は見せないカウンターのデザイン、秀逸です。

 

(推薦者:松岡恭子